2010年09月12日

石田、メキシコでの防衛戦不可能に=WBAが異例の指示―ボクシング

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕(金沢)がメキシコで予定していた2度目の防衛戦が、開催不可能となったことが11日、分かった。
 WBAが同級の正規王者ミゲル・コット(プエルトリコ)のスーパー王者格上げを発表。通常なら石田が正規王者に昇格するところだが、WBAは石田と同級3位オースティン・トラウト(米国)との正規王者決定戦実施を指示した。同時に石田と同級9位リゴベルト・アルバレス(メキシコ)との試合をタイトル戦と認めないとした。
 所属ジムの金沢会長は「日本ボクシングコミッション(JBC)を通じてWBAに抗議するなど、状況を把握したい」と話し、JBCの安河内剛事務局長も「事態の推移を見守るしかないが、WBAの決定に従うしかないだろう」と述べた。 




posted by とら at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。