2010年09月11日

自信付けた「世界」経験者=川村は得点源に成長―バスケット男子

 バスケットボールの男子日本代表が自信を付けている。昨年のアジア選手権は史上最低の10位に沈んだが、11月のアジア大会(中国・広州)でのメダル獲得に向け、巻き返す好材料が出てきた。
 8月のスタンコビッチカップ(レバノン)で準優勝。かつて米プロ協会(NBA)でプレーした田臥勇太(リンク栃木)が体調不良で参加しなかった穴を感じさせなかった。昨季リンク栃木を日本リーグ初優勝に導いたトーマス・ウィスマン新監督の手腕が大きい。今年の代表は、4年前に日本での世界選手権で1次リーグを経験した若手が主力となっている。
 当時20歳だった川村卓也(リンク栃木)は、今や得点源に成長。8月の大会前に「結果よりチームの総合力を高めることを意識し、アジアの上を目指すステップに」と話していた通り、リーダーの自覚を非凡な3点シュートで示した。ほかに竹内公輔、網野友雄(ともにアイシン)も、国内リーグで力を付けた。
 日本人の代表監督が目まぐるしく代わった末、切り札のウィスマン氏が指揮官に。堅守速攻を強調する新監督は「レバノンではアジアの地位を取り戻す戦いができた」と総括した。「他国から敬意を勝ち得るスタイルを築きたい」とも言う。司令塔として期待される田臥は、17日開幕の日本リーグで健在ぶりを示したいところだ。 




posted by とら at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。