2010年09月09日

<広島>高橋建が引退 自ら申し入れ「1年通し貢献できず」

 広島は8日、高橋建投手(41)が今季限りでの引退を申し入れ、了承したと発表した。球団によると4日の試合中に話し合い、高橋は「1年を通してチームに貢献できない」と理由を話したという。29日の横浜戦(マツダ)で引退セレモニーを行う。今後については未定。

 神奈川・横浜高、拓大、トヨタ自動車を経て、95年に広島に入団した高橋は08年オフ、フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグに挑戦。09年にブルージェイズとマイナー契約したが故障などで解雇された。その後、マイナー契約でメッツに入団し、09年5月2日に40歳16日での日本選手最年長メジャーデビューを果たした。メジャーでは28試合登板で0勝1敗、防御率2.96の成績を残した。

 今季から広島に復帰し、5月2日までに4勝を挙げたが、その後は不調で2軍で調整していた。プロ野球での通算成績(8日現在)は70勝92敗5セーブ。【吉見裕都】




posted by とら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。