2010年09月08日

阪神・鳥谷、ヤクルト・館山…セ月間MVP

 セ、パ両リーグは7日、8月の月間MVPを発表した。

 セでは球団新記録の月間43安打で打率4割2分2厘だった阪神・鳥谷と、投手で2試合連続完封を含む最多タイの4勝を挙げたヤクルト・館山が、ともに初受賞。阪神打者、ヤクルト投手は2か月連続の選出。

 パは、オリックス・金子千が7月に続き最多の5勝を挙げ、2か月連続、通算3度目の受賞。2か月連続受賞はパでは、2005年のソフトバンク・杉内以来。打者では、日本ハム・小谷野がプロ入り8年目で初受賞。月間打率3割6分4厘は2位、29打点はトップ。4番の貫禄を示した。




posted by とら at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。