2010年09月07日

中沢が全治6週間、栗原は1週間=J1横浜M

 J1の横浜Mは7日、DF中沢佑二が右ふくらはぎの肉離れで全治約6週間、DF栗原勇蔵が左ふくらはぎ筋膜炎で同約1週間と診断されたと発表した。
 ともに日本代表として4日の国際親善試合、キリンチャレンジカップのパラグアイ戦(神奈川・日産スタジアム)に出場した。栗原はパラグアイ戦で、中沢は6日の日本代表の練習でそれぞれ負傷し、代表から離脱。7日に川崎市内の病院で検査を受けた。 




posted by とら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。