2010年09月03日

<阪神>矢野が今季限りでの引退発表「夢のような野球人生」

 阪神の矢野燿大捕手(41)が3日、大阪市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を発表した。矢野は一昨年オフに手術した右ひじの痛みが治らず、6月に出場選手登録を外れていた。矢野は決断について「ひじは(理由の)一つになるが、それだけではない。心技体全部があって初めてできる仕事。すべての面で1軍の戦力になることができなくなった」と説明。会見では何度も言葉を詰まらせ、涙ぐんだ。

【阪神タイガース熱闘録】2008年の記録

 2日に南信男・球団社長らに引退の意思を伝え、了承されていたという。矢野は1991年にドラフト2位で中日に入団。98年に阪神に移籍後は正捕手に定着し、03、05年の優勝に貢献した。昨年は右ひじ手術の影響などで30試合出場にとどまり、今季は米大リーグ・マリナーズから城島が入団して出場はわずか8試合だった。決断の時期は「ここ3年ぐらいはずっと引退が頭をよぎっていたが、決めたのは最近」と明かした。

 20年の現役生活を振り返り、「夢のような、僕の想像以上に素晴らしい野球人生だった」と話した矢野。来季以降の去就は未定という。【新井隆一】




posted by とら at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。