2010年09月01日

16歳宮下が代表に=アジア杯女子バレー

 日本バレーボール協会は1日、女子の第2回アジアカップ(19〜25日、中国・太倉)代表選手12人を発表した。近江あかり(東海大)、佐藤美弥(嘉悦大)ら大学生、16歳の宮下遙(シーガルズ)が選ばれ、若手主体の編成となった。
 アジアカップは8チームが2組に分かれてリーグ戦を行い、その成績で23日の準々決勝の組み合わせが決まる。日本はタイ、台湾、ベトナムと同組。 




posted by とら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。