2010年08月31日

<ラグビー>大畑が今季限り引退へ トライ世界記録保持

 ラグビーのテストマッチ通算トライ数69の世界記録を持つトップリーグ(TL)・神戸製鋼のWTB大畑大介選手(34)が、今季限りで現役引退する意向を固めたことが31日、関係者の話で分かった。今季のリーグ開幕を9月3日に控え、異例の時期での決断となった。

 大畑は大阪府出身で東海大仰星高(大阪)、京産大を経て神戸製鋼へ入社。卓越したスピードと決定力で99、03年ワールドカップ(W杯)の2大会連続出場をけん引し、日本代表では歴代3位のテストマッチ通算58試合出場を誇る。しかし、07年のW杯フランス大会直前の強化試合で左アキレスけんを断裂して大会に出場できず、近年は故障も繰り返してきた。今年11月で35歳になることから去就が注目されていたが、近ごろは「体がしんどくなってきた」と体力の限界を周囲に漏らしていたという。【新井隆一】




posted by とら at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。