2010年08月31日

<サッカー日本代表>新監督決定 「極東不利」も難航の末に

 サッカー日本代表の新監督に、イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏が就任することが30日、決まった。日本協会は今回、関係者の「紹介」で監督を選んでいた過去の手法と決別し、欧州のクラブとの「監督争奪マーケット」に乗り出したが、日本の地理的条件もマイナスに作用して交渉が長引いた。

 原博実・強化担当技術委員長は「日本をもうワンランク引き上げる人。世界の真っただ中で戦っている人」と外国人監督に狙いを絞った。オシム、岡田両監督が追究した「日本人らしさ」を理解し、攻撃的なサッカーを志向することも条件にした。これだけでもハードルは高かったが、「日本がファーイースト(極東)だと改めて認識した」(小倉純二会長)という事情も交渉を難しくした。

 原委員長は交渉相手から「欧州を離れると『(監督の)マーケットから消えてしまうんじゃないか』」との声を聞かされたという。前レアル・マドリード監督のペジェグリニ氏、オリンピアコス監督に就任したバルベルデ氏との交渉は決裂。元ポルト監督のフェルナンデス氏、ワールドカップ南ア大会でメキシコ代表を率いたアギレ氏らの名前が浮かんでは消えたのも、そうした要素が影響したようだ。

 難しい条件をクリアしてたどり着いたのがザッケローニ氏。ただ、最近は成績が振るわずイタリアのクラブ以外での監督経験はない。原委員長はザッケローニ氏を「日本をリスペクト(尊重)しているし、勉強熱心」と評する。日本が求めた「条件」に、本当に適合しているかどうか。これから、その真価が問われることになる。【江連能弘】




posted by とら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。