2010年08月29日

能代、15年ぶり決勝へ=延長十八回、中京を破る―高校軟式野球

 第55回全国高校軟式野球選手権大会は29日、兵庫・明石公園野球場でサスペンデッド(一時停止)試合となっていた準決勝の残り1試合、中京(東海・岐阜)―能代(北東北・秋田)が、0―0の延長十六回から再開され、能代が延長十八回に相沢の適時打で1―0のサヨナラ勝ちを収め、15年ぶりの決勝進出を果たした。
 能代は30日の決勝で新田(四国・愛媛)と対戦。能代は1982年以来2度目の優勝を、新田は初優勝を目指す。 




posted by とら at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。